投稿者「SustainableEnergy」のアーカイブ

2022年8月分の燃料費等調整単価について

2022年8月分の燃料費等調整単価を下記の通りお知らせいたします。

エリア 区分 燃料調整費単価(税込)
北海道電力ネットワーク株式会社の供給区域 高圧 4.55円/kWh
低圧 4.75円/kWh
東北電力ネットワーク株式会社の供給区域 高圧 5.64円/kWh
低圧 5.86円/kWh
東京電力パワーグリッド株式会社の供給区域 高圧 4.93円/kWh
低圧 5.10円/kWh
中部電力パワーグリッド株式会社の供給区域 高圧 3.50円/kWh
低圧 3.66円/kWh
北陸電力送配電株式会社の供給区域 高圧 4.74円/kWh
低圧 5.02円/kWh
関西電力送配電株式会社の供給区域 高圧 4.69円/kWh
低圧 4.90円/kWh
中国電力ネットワーク株式会社の供給区域 高圧 6.72円/kWh
低圧 7.03円/kWh
四国電力送配電株式会社の供給区域 高圧 5.28円/kWh
低圧 5.51円/kWh
九州電力送配電株式会社の供給区域 高圧 3.17円/kWh
低圧 3.32円/kWh

※九州電力送配電株式会社の供給区域は離島ユニバーサル調整単価含む

デマンドレスポンスサービスの実証実験及び新規お申込受付の再開について

いつもサステナブルでんきをご利用いただき誠にありがとうございます。

この度弊社では、2022年7月1日から開始するデマンドレスポンスサービスに先立ちご契約している企業様と2022年5月にデマンドレスポンスサービスを使い、実証実験を行いました。

 

【デマンドレスポンスサービス】

デマンドレスポンスサービスとは、電力消費を効率化するためのサービスです。お客様が使用する電力のピークの時間帯はJEPX価格が高くなり特に夏場や冬場になると電力が逼迫します。そこで弊社ではお客様の電力消費の効率化と日本の社会問題にもなっている電力不足の解消に少しでも貢献できるよう、デマンドレスポンスサービスを導入します。お客様には効率良く電力をご利用いただき電気料金を削減すると共に、電力のピークを分散化し電力逼迫を解消する事に貢献していきたいと考えております。翌日のJEPX価格を確認しJEPX価格の高騰する時間帯は極力電力の使用を控え、JEPX価格の下がる時間帯は多くの電力を消費する電化製品を使うなど、効率良く電力の使用計画をたてることができ、電気料金を削減することができます。

デマンドレスポンスサービスでは下記グラフのように、お客様のマイページ上にて30分毎の翌日までのJEPX価格と日々の電力使用量(2時間前速報値まで)を確認することが可能となります。

グラフ表示例

 

【デマンドレスポンスサービスを使い実証実験】

・日時

2022年5月1日から9日まで

・内容

9時から18時の間でJEPX価格が高い時間帯に電力の使用が集中しないように、デマンドレスポンスサービスを使い前日に翌日のJEPX価格を確認し、13円未満の時間帯に電力消費の大きい機器を稼働させ効率化させる。

5月1日から9日までの9時から18時の稼働をJEPX価格の安い時間帯に移動させることで、電気料金の削減ができる。

 

・結果

9日間全体の使用量 28,217kWh

JEPX価格13円未満の時間帯の使用量 19,572kWh

JEPX価格13円以上で13円未満の時間帯に移動させた使用量 8,553kWh

移動しなかった使用量 92kWh

 

9日間の電気料金 705,425円

 

電源調達費調整額

追加請求 35,692円

還元請求 55,368円

19,676円の還元請求となり、請求金額は685,749円

 

効率化させた場合の電源調達費調整額

追加請求 377円

還元請求 89,580円

89,203円の還元請求となり、請求金額は616,222円

 

・考察

電力の使用時間帯を移動できない機器もあるが、その他の機器はJEPX価格の安い時間帯に移動し効率化することで電気料金の削減が出来た。

9日間で8,553kWhの稼働の時間帯について、デマンドレスポンスサービスを使い効率化することで従来より69,527円(10.13%)削減した

 

 

【新規お申込受付の再開について】

2022年3月22日より一時停止させておりました新規受付につきましては、2022年6月21日12時より全てのエリア及び全てのプランにて新規お申込受付を再開させていただきます。

引っ越しのお客様及び小売電気事業から撤退する企業様からの乗換のお申込受付につきましては、供給開始日までに切替が間に合わない場合があるため、一度他の小売電気事業者様とご契約後に弊社へお申込みいただきますようお願い申し上げます。

また、昨今の世界的な資源高騰及び国際情勢(ウクライナ情勢等)の問題などによりエネルギー資源価格が高騰を続けている影響から、新規お申込受付の件数を制限させていただきます。予定数に達した場合は新規お申込受付を再度一時停止させていただき目途がたちましたら再度お申込受付を再開させていただきます。予めご了承ください。

 

 

 

 

2022年7月分燃料費等調整額単価について

2022年7月分の燃料費等調整単価を下記の通りお知らせいたします。

エリア 区分 燃料調整費単価(税込)
北海道電力ネットワーク株式会社の供給区域 高圧 3.10円/kWh
低圧 3.23円/kWh
東北電力ネットワーク株式会社の供給区域 高圧 4.49円/kWh
低圧 4.66円/kWh
東京電力パワーグリッド株式会社の供給区域 高圧 4.01円/kWh
低圧 4.15円/kWh
中部電力パワーグリッド株式会社の供給区域 高圧 2.65円/kWh
低圧 2.77円/kWh
北陸電力送配電株式会社の供給区域 高圧 3.59円/kWh
低圧 3.80円/kWh
関西電力送配電株式会社の供給区域 高圧 3.95円/kWh
低圧 4.13円/kWh
中国電力ネットワーク株式会社の供給区域 高圧 5.22円/kWh
低圧 5.46円/kWh
四国電力送配電株式会社の供給区域 高圧 3.95円/kWh
低圧 4.12円/kWh
九州電力送配電株式会社の供給区域 高圧 2.37円/kWh
低圧 2.48円/kWh

※九州電力送配電株式会社の供給区域は離島ユニバーサル調整単価含む

デマンドレスポンスサービスの導入及び電気需給約款改定のお知らせ

いつもサステナブルでんきをご利用いただき誠にありがとうございます。
 
この度、弊社ではデマンドレスポンスサービスを新たに開始させていただきます。またデマンドレスポンスサービスの開始に伴いまして電気需給約款の一部を改定し、2022年8月分電気料金(2022年7月検針日以降)より「電源調達費調整額」の適用を開始いたします。
本変更は弊社とご契約いただくすべてのお客様が対象となります。最後までご確認いただきますようお願いいたします。
 
 
各種メディア等で日々報道されている通り、昨今の世界的な資源高騰及び国際情勢(ウクライナ情勢等)の問題などによりエネルギー資源価格が高騰を続けており、電力取引価格に大きな影響を与えております。また、日本では大きな社会問題として電力不足にも陥っており、2023年1月の電力需給の見通しはほとんどのエリアにおいて安定して電力を供給するために最低限必要な予備率の3%を下回っています。2012年度以降で最も厳しい見通しとなっている現状です。
 
そこで弊社では夏場や冬場の電力逼迫が想定されるピークの電力使用量を分散させ日本の社会問題である電力不足の解消に少しでも貢献できるよう、2022年7月1日より「デマンドレスポンスサービス」を導入させていただきます。
 
 
デマンドレスポンスサービスとは、日本卸電力取引所(JEPX)とスマートメーターで取得できる電力データを活用し、電力消費のピークを分散化するためのサービスです。
今回新たに日本卸電力取引所(JEPX)で前日に公開される翌日のエリアプライスをお客様のマイページ上に30分毎のグラフとして常時表示させていただきます。新たに表示するエリアプライスのグラフ上には基準価格(詳細につきましては電気需給約款別表第6表をご参照ください)を表示することにより、現在表示されている30分毎の電力使用量と比較し、基準価格を上回る時間帯は極力電気の使用を控え、基準価格を下回る時間帯に多くの電力を消費する電化製品を使うなど計画を立てることが可能となります。
また、「電源調達費調整額」とは、上記30分毎のエリアプライスの中で基準価格を設定し、電力調達価格が還元基準価格を下回った場合は、その時間帯の使用量を計算しお客様の電気料金から還元請求(割引)し、追加基準価格より上回った場合は、その時間帯の使用量を計算しお客様の電気料金に追加請求させていただきます。
 
 
調達価格グラフ例

 
 
弊社では今後、調達価格が高騰する際は事前にアラートメールを配信できるサービスなどを予定しており、皆様に効率良く電気を使っていただくと同時に日本の社会問題である電力不足の解消に貢献できればと考えております。今後ともサービスの質の向上に努めてまいりますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 
 
 
【電気需給約款改定について】
・追加箇所
別表第6表 電源調達費調整額
 
・変更内容
電源調達費調整額を導入
 
・改定後の適用
2022年8月分電気料金のお知らせより適用
 
・改定後の電気需給約款掲載先
 
 
本改訂にご承諾いただけないお客様におかれましては、本改訂の適用前となる2022年6月30日までに、お客様ご自身により他の電気小売事業者様への切替手続いただけますようお願い申し上げます。